五里霧中・百合夢中

   靄の四阿

2010/02/05(Fri) 01:19

ネギま!278時間目感想

 次に歴史的お祭りがあるとすれば2222年2月22日でしょうか。できることなら体験してみたいですね。タイムワープか不老不死か、はたまた凍結処理か。


 世の中には自分と同じ顔をした人間が3人いると言われますが、同じ行動とる人間、もしくは同じ思想を持った人間はどれぐらいいるものなんでしょう。
 同じ思想を持っている人なら分かり合えて安心するかもしれないけど、できることならすべての人が特別であってほしいと思うのはなんでだろう。

 ついにラカンまでもが消えてしまった…。あそこまで死亡フラグを立てていたのだからこうなることは必然なのかもしれない。
 では消えていった魔法世界人達に立っている復活フラグもまた…? いやいや、前回自分が何と書いたかは忘れません。
 どちらかというと復活しない方に賭けていますが、復活しないにしても救われる道があるのではということで、ふと思いついた彼らの救済策を書きたいと思います。


 救済策の前提としてまず、リライトの効果が「消滅」ではなく「分解」なのではないか、という部分から。


 魔法世界が何者かの手によって作られたものだとすれば、分解を魔法で行っていることから創造or作成・組立も魔法で行っていると言えるはず。
 で、それらは何によって作られたモノかと言うと、たぶん魔力(これ以下の最小単位ってありましたっけ)

 まあ魔法世界が魔力でできているなんてことは前から言われてきたことで、だからこそ魔法世界の消滅が現実世界にも影響があるなど言われている既知の事柄ですが。


 さて、消滅ではなく分解だとどう違うのか。

 分解された人もまた、魔力という存在としてそこに残っている、ということではないでしょうか。
 魔力というものは現在ただのエネルギーとでしか描写された記憶しかありません。そこに記憶はなく、想いもなく、ただ魔法を使うための素としての存在でしかありません。ですが、いずれ魔力がただのエネルギーではないように描かれる時がくるかもしれないと、…ほんのちょっぴり思ってます(汗


 魔法を使うということは魔力を取り込み変換して放出するということ。魔力は纏うだけで身体能力が向上し応用すれば記憶力なども上昇する。
 それは魔力自体にたくさんのものが蓄積しているからなのでは? そして魔法世界はそれを目的とした実験装置だったのでは?という妄想。


 これらのイメージの基となっているのは新世紀エヴァンゲリオン人類補完計画そのものです。


 ただ、魔力を形作らせそれ自身に様々なことを作用させることによって魔力の質を上昇させて、…その先にあるものは?というところまでで妄想(汗)はストップしてます。

 ま、私がこのブログに書いてきた予想・妄想のほとんどが空振りしてるので、たぶん今回も…ね。


tag : ネギま! 感想

コメントの投稿

非公開コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネギま!関連サイト巡回(02/05)

■「フテイキこーしんっ!」さん「ネギま!278時間目感想」 >消滅ではなく分解だとどう違うのか。 >分解された人もまた、魔力という存在と >...

楓の ネギま!ニュース+278時間目感想ブログまとめ 「2010年2月3日」

☆ネギま! ニュース ●イベント情報更新しました。 「野中 藍 AIPON BEST BOUT 2010 ~燃えあがれ!!天をも焦がす野中藍の歌魂~」 [すたちゃまに...
twitter
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

もや

管理人:もや
にゃんにゃんにゃにゃん、にゃんにゃんにゃにゃにゃん、鳴いてばかりいる~ルルル~♪

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
タグリスト
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2拍手
拍手する
FC2ブログランキング
クリックしていただくとこのブログにポイントが加算されます!

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング
ページランキング