五里霧中・百合夢中

   靄の四阿

--/--/--(--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/04(Sat) 01:32

4行小説#5

 #1はこちら

 #4←→#6



 ここに花より団子な女学生がいる。彼女に運命的な出会いは訪れてくれるのだろうか。

 前方不注意とはいえ浪漫の欠片もないシチュエーション。去り行く男の背はビルの影に消えてもう見えない。

 しばし呆然と宙を見つめていた。運命など存在しないのだと何度も智覚させるように。

 そうこうしている間にも時計の針は進む。ふと我に返った女学生は一目散に駆け出す。遅刻の可能性がでてきた。


tag : 創作 4行 小説

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

もや

管理人:もや
にゃんにゃんにゃにゃん、にゃんにゃんにゃにゃにゃん、鳴いてばかりいる~ルルル~♪

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
タグリスト
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2拍手
拍手する
FC2ブログランキング
クリックしていただくとこのブログにポイントが加算されます!

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング
ページランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。