五里霧中・百合夢中

   靄の四阿

2014/07/29(Tue) 06:54

雑記-おアツイのも良し悪し

・F1ハンガリーGPの簡易感想。

 アロンソ押しの自分的には最終盤のトップ争いに熱が入りました。


 1位のアロンソをハミルトンが追っている時から解説者が言うとおりタイヤがもう滑り始めている様子で、コース取りでもってなんとか凌いでいる状態。あわよくばこのままゴールできればなんて無理な事をわかっていながら思っていたら、後ろからリカルドが追いついてきた。

 これがこのまま縺れるようなことになればアロンソ1位でゴールできるかもと、一筋の希望の光が…というのも束の間、ハミルトンを追い抜いたリカルドはアロンソまでも難なく抜いていきましたとさ。


 結局アロンソとしてはハミルトンを押さえられるかどうかというバトルがまた始まることに。これはさすがに3位転落もやむなしかという状況に見えていました。

 しかしそこへ助け舟とも思える追い上げをしてきたのがロズベルグ! もうアロンソとハミルトンは共闘してロズベルグ抑えちゃえよなんて思っていたら、ハミルトンのタイヤも磨耗が進んでいたみたいで、前を走る2位アロンソを追い抜く事を諦めて3位表彰台を守りに入った!!

 その結果アロンソは2位のままでゴール! 3位ハミルトンも変わらず、誰が得したのかといえば俺が得した! うん良かった良かった。アロンソおめでとう。



・高校生の時、熱中症を二回ほど体験したという話

 暑い日が続いた、と思ったら一転肌寒い朝の日が来たり。お体のほうはいかがでしょうか。


 その時は水分を取っているのにもかかわらず汗が出てこなくなり、そして寒気がしてきてまあ大変という状態。

 熱い体育館の中だったのとスポーツドリンクではなくただの水を飲んでいた事、それに加えて汗で濡れたままの服を着替えずに練習を続けていたというのが原因でしょう。

 汗が出なくなったのと体の回りが熱を逃がせない状態になっていたために熱が篭ってしまったのでしょうね。


 この症状が一般的な熱中症のものなのかは、わからないので…参考になればと思って書きましたが参考にしないでください(´Д`;)

 でもまあ今思えば症状が出るような状態で良かったと思います。気づいたら意識を失っていたとか考えるだけで恐ろしい…。


 一応その時保健室のお姉さんにしてもらった対処法は

 ・布団に入る(たぶん汗をかくため)
 ・首、脇、太ももの太い血管を冷やす

 といったものでした。とにかく熱を下げないとっていう感じでしょうかね。



 まだまだ夏はこれから。鰻の変わりの何かでスタミナをつけて夏本番を乗り切りましょうぞぃや。


tag : 雑記 F1

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

もや

管理人:もや
にゃんにゃんにゃにゃん、にゃんにゃんにゃにゃにゃん、鳴いてばかりいる~ルルル~♪

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
タグリスト
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2拍手
拍手する
FC2ブログランキング
クリックしていただくとこのブログにポイントが加算されます!

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング
ページランキング